月別アーカイブ: 2020年2月

セックスフレンド募集掲示板

40になってしまった。40である。何と40年も生きているのである。理容師に「かゆいところはありませんか?」と言われて、毛の生え際がかゆいのに「ありません」とついつい答えてしまう40歳、ポケモンと妖怪ウォッチの区別がつかないままに40歳、欅坂46を読めない40歳なのである。無駄に年を重ねてしまった。
高校時代の同級生は、皆結婚して子供までいるのに、俺は未だに独身である悲しい40歳を迎えてしまった。カノジョがいなかったわけではない。20代、30代と相応の付き合いはしてきた。ただ、何と言うか愛想をつかされたと言うか、皆「もう好きじゃなくなったの」と、俺の前から去っていった。今年はクリスマスもお正月もぼっちな40歳なのである。
奥さんが娶れないならば、せめてセックスフレンドでも作ろう、と、これが俺がセックスフレンド募集掲示板デビューを果たした理由である。除夜の鐘を聞きながらの108発セックスを実現するために。
出会い系のセフレ
まあ、俺も40代の経験を積んできた男なので「挿れたーい!」「どーぞー!」と言うのは、お金を積んだ風俗くらいしか無理だと言うことはわかっている。しかし、99%の不可能でも1%でも可能性があればチャレンジするのが、フロンティアスピリッツと言うものではないか。
そんな感じで、セックスフレンド募集掲示板で果敢にアタックしていた俺は、ちょうど108人目くらいでセックスフレンド希望女子をゲットできた。長い道のりだった。○パン三世の峰不二子なみの巨乳でエロエロ満載の20代女子だ。さあやろう!今すぐやろう!
しかし、その夢は叶わなかった。峰不二子から対価としてン万円を要求されたからだ。セックスフレンド募集掲示板である。売春掲示板ではない。そんなお金があれば、高級ソープに行く方が理に適っている。峰不二子と想像しつつ、峰ブス子が出てきてもおかしくない世界だ。リスクの対価としてもン万円は明らかに高い。ふざけるんじゃねー!と俺はちゃぶ台をひっくり返した(心の中で)。
そんなわけで、今年も童貞のまま終わってしまった。除夜の鐘を聞きながら108発オナニーでもしようと思う。
フェラ友を出会い系で探す
出会い系でセフレ